「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

225* ほんとにほんとにほしいもの

ほんとにほんとにほしいもの (あかねせかいの本)誕生日の記念に、ビンの中のお金で好きなものを
買うことになった少女。でも、そのお金は、慎ましい
生活の中で、みんなでやっと貯めたお金。それが
わかっているだけに、「ほんとにほんとにほしいもの」
なのか、自問自答するのです…。
【絵本 *小学生~】

ベラ・B・ウィリアムズ 作、佐野洋子 訳
/ あかね書房 (1998/04)



ほんとにほんとにほしいもの (あかねせかいの本)は、
かあさんのいす (あかねせかいの本 (8))の続編にあたる絵本です。

かあさんのいす (あかねせかいの本 (8))を先に紹介すると…
ローザという女の子の家族(女の子・お母さん・おばあちゃん)は
火事に遭い、すべてを失ってしまいます。
そんな中、ビンにみんなでお金を入れて、それがいっぱいになったら
いすを買おうとします。…。

家族が支え合い、互いを思いやりながら生きる姿に、
じーんときてしまいます。

かあさんのいす (あかねせかいの本 (8))

そしてほんとにほんとにほしいもの (あかねせかいの本)では、
今度はそのビンのお金をローザのほしいものに使えることになります。

でも、大事なお金だということがわかっているローザは、
買い物に行って、「これだ」というものを手にしても、なかなか決められない。
でも悩んで悩んで、ローザはやっとあるモノを買うことに決めます…。

物語は淡々と進んでいくのですが、投げかけるものは大きい、
そんな絵本です。

もうすぐ長男と次男の誕生日。
「たんじょうびにはおもちゃ買えるから~」と楽しみにしています。

…でも彼らはすでにたくさんおもちゃを持っているし、
買ってもらったその時は喜んでも、しばらくすると忘れて放っておくような
そんな「もの」との付き合い方をしています。

コマーシャルなどの情報に煽られて
「もっとほしい」「つぎはこれがほしい」という気持ちにいつもなっているような。

ローザのように、それがほんとにほしいものか、悩みぬく必要がないのです。
長い間お金を貯めておいてやっと手にすることもない。

これって、本当に幸せなことなのだろうか、と考えてしまいます。
子どもたちが、というよりも、大人側の問題として。…
何より私自身も、あまり深く考えもせずに買ったりしてますし。

ほんとにほんとに大切にしたいもの・暮らしの中で大事にしたいことについて、
立ち止まって考える時間をもらいました。

関連記事

| 絵本/小学生 ~ | 07:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

我が家も玩具が次々に・・・・
そうなんですよね、頭の隅っこではわかっているのについつい増えてしまい、すぐ使わなくなってしまい・・・ものを大事にすることを教えるのも親の役目ですね。頑張らないといけないなあ。

| まつんこ | 2009/09/09 23:00 | URL |

なんだかタイムリーな話題で、思い切り共感してしまいました
先日長男の誕生日だったのですが、何を贈るかで相談していたところ、やっぱりその時だけのおもちゃになったら寂しいね;と。
結局、今長男に必要なものが思い浮ばず、おもちゃ屋さんで長男自身が好きなものを決めました

本当にまず親がしっかりしないとですね(><)

明日、はじめましてに参加してきます☆
もし同じ日参加でしたらよろしくお願いします♪

| ☆だ~な | 2009/09/10 14:47 | URL | ≫ EDIT

まつんこさんへ

おもちゃについては、夫や義母、私の両親…誰かにねだれば
その都度増えるという感じで、際限無いです。
それに対して私は初め抵抗感がすごくあって…。
でもそれぞれの想いもあるし、難しいです。

| なずな | 2009/09/11 17:33 | URL |

☆だ~なさんへ

おもちゃをもらえる時まで待つこと、
どれにしようかとあれこれ悩むことも、楽しみだと思います。
そんな風にして我が家にきたのなら、
それなりの思い入れもあって、まだおもちゃも幸せかと…。

と、おもちゃについてはちょっと頑ななところもある私ですが、
それが本となると、結構財布がゆるんじゃいますねぇ…苦笑。

| なずな | 2009/09/11 17:54 | URL |

とても素敵な本です!

私も「かあさんのいす」に続編があることを最近知り、なんと「うたいましょうおどりましょう」と言う3作目が完結編だということもびくり!!

3作目ではおばあちゃんが病気に・・・、おばあちゃんを元気にしてあげようと一生懸命になるローザと友達たち・・・こちらも前の2作があるがゆえに心打たれます。


3作よんで、人にとって
ほんとうに大事こととはを知ります。

もし、誰かにプレゼンするなら「ほんとにほんとに・・」がおすすめだとおもいますが、やはり3作通してよんでいただきたいものです。

| ぽけっとさん | 2009/10/06 16:17 | URL |

ぽけっとさんへ

相手を思いやる気持ち、心豊かに暮らすこと…
いろんなことをこの絵本たちから受け取りました。

この3部作、本当に素敵ですよね。私も、この絵本だけでなく、
「うたいましょう おどりましょう」を含めた3部作として、
あらためて紹介記事を書きたいと思っているところです。

| なずな | 2009/10/07 11:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/781-49fb0ba8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。