「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

233* ムーミン谷の冬

ムーミン谷の冬 (ムーミン童話全集)冬眠の途中で、ひとり目覚めてしまった、ムーミントロール。
パパやママに頼れない上、様々な出来事がおこります。
ちびのミイ、おしゃまさん、ご先祖さま…といった個性的な
ムーミン谷の面々。その中で、いつしか ひとまわり成長
していくムーミントロールの様子が、北欧の厳しい自然とともに
描かれています。【児童書 *小学校高学年~】

トーベ・ヤンソン 作・絵、山室静 訳/講談社 (1990/10)



ムーミン谷の冬 (ムーミン童話全集)の冒頭描かれているのは、孤独と不安。
物語全体が、日の昇らない北欧の冬の暗がりの中に
すっぽり入りこんでいるかのよう。

トーベ・ヤンソン自身が描く挿絵も、影の部分が表現され、
ムーミントロールの心が映し出されていて。

アニメでしか知らない人は、ギャップを感じるかもしれません。
テーマとしても、小さな子向けではありません。
ムーミントロールと同じぐらいか、それ以上が対象でしょう。

「ムーミントロールと同じぐらい」って?

そうですね、ムーミン谷の冬 (ムーミン童話全集)のムーミントロールは、
お父さん・お母さんの言うことさえ聞いていれば 間違いなかった時代を過ぎ、
「同年齢の友達」が価値基準になってきた世代。
自分で、ものを考え始めだした頃の子ども、です。

(ムーミンのシリーズの中には、もう少し幼いムーミントロールが
描かれた物語もありますが。)

長男がその世代にさしかかってきた私も、興味深く読みました。

ムーミンの物語の魅力…その一つが、登場人物の描かれ方。
個性的で魅力的なキャラクターもあれば、ダメキャラもいたりで。

このムーミン谷の冬 (ムーミン童話全集)の中で、私が笑ってしまったのは、
ヘムレンさん。陽気にスキーを教えたりしてくれるんだけど、
今風に言えば、KY(空気読めない)で。
やたら前向きな感じもウザがられて…笑。

こんな風に、「そうそう、こんな人、いるいる!」と共感しながら読むのも
楽しいですよ?!

それから、シリーズを通して、様々な名言に出会うこともできます。
私がグッときた言葉については、これから「ことばのこみち」として
時々紹介していけたら、と思っています。

関連記事↓

ムーミン展に行ってきました 

ムーミン展と、関連本・雑誌の紹介

関連記事

| 児童書/小学校高学年 ~ | 06:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ムーミンのお話、そういえば読んだことがないです。
テレビは知っているけど・・・
なんだか読んでみたくなりました~♪
小さいころ、ムーミン大好きだったんです。。。

| まつんこ | 2009/10/29 21:09 | URL |

ムーミンは、キャラが際立った 個性的な登場人物が
とても魅力的で、わたしも大好きです。

事件も、名言も、なかなか奥が深くて、
楽しみが減らないシリーズですよね。

ふふ、冬のヘムレンさんは、ほんとにおかしいです・・・。

| 琴子 | 2009/10/29 23:19 | URL | ≫ EDIT

まつんこ さんへ

テレビで親しんで登場人物を知っていると、とっつきやすいかも。
でも、最初は哲学っぽいエピソードに面食らったりもしました。
まつんこさん、ミイ気質だって、たしか以前言ってましたね~!

| なずな | 2009/10/30 21:21 | URL |

琴子さんへ

北極圏の冬は一日中暗くて、(「極夜」っていうんですね)
太陽も出たと思ったらすぐ沈んでしまう…
ムーミントロールもさぞ心細かったでしょうね。
それだけに、春の描写に、こちらまで嬉しくなっちゃいました♪

| なずな | 2009/10/30 21:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/835-9750288d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。