「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

234* フンガくん

フンガくんじだんだ踏んでおねだりしたり、へそを曲げたり、かんしゃく
を起こしたり…フンガくんの様子は、小さい子を持つご家庭
では、いつもの「日常」だと思います。
それに対してフンガくんのおかあさんが、どんな風に
ふるまっているか、というと…?
ほがらかでマイペースで、ちょっと天然! なフンガくんの
おかあさんに、思わず笑ってしまうはずです。
【絵本 *4・5歳~】

国松エリカ 作 / 小学館 (1996/10)



「じてんしゃのまき」「せんとうのまき」「そうじのまき」「ふとんをほすのまき」
という4つのお話からなる絵本です。

そして、4つともに共通するパターンがあって。それは、

フンガくんがご機嫌ナナメ

機嫌ナナメをしているうちに
「あれれ? おかあさんの すがたが みえません」

おかあさんをさがすフンガくん

おかあさん見つかる

いつのまにか機嫌ナナメだったのがおさまっているフンガくん

さて、フンガくんのおかあさん、ご機嫌ナナメなフンガくんを置いて
何をしていたのか、というと・・・
おかあさん同士の立ち話だったり、銭湯で体重をはかっていたり…笑。

これ、すごくないですか? 私は、そう思ってしまいました。

普通、子どもがかんしゃくを起こしたりしていると、
イライラして自分も怒ってみたり、何とかなだめようとオロオロしたり、
言い聞かせようとヤッキになったりする、でしょ?

そして、そんな「子どもとのバトル」に疲れてしまったり、落ち込んだり。

フンガくんのおかあさんは、そうじゃないんです。
あくまでも、おかあさんのペース(かなり天然なんですけど…笑)で過ごしている!

時には正面から子どもとガチンコ勝負しないといけない。
でも、そうじゃない時は、フンガくんのおかあさんのように、
「おとなとしての日常」をすごすのも、
子どものダダコネと付き合う、ひとつの方法なのでは。
・・・なんて、この絵本を読んで思っちゃいました。

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 08:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まるで我が子を見ているようかも・・・もうお兄ちゃんになっているはずなのに・・・地団駄踏んでます・・・
この絵本、読んでみたいなああ。

| まつんこ | 2009/11/02 22:31 | URL |

まつんこさんへ

今さっきまで、うちも次男がフンガくんでした。
テレビ見てるうちに気持ち切り替わったけど…笑。
楽しい絵本なので手にとって下さい。

| なずな | 2009/11/03 20:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/839-c0a9c2a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。