「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「だっこ米」&だっこの絵本

だっこのおにぎり (ヒデ子さんのうたあそびえほん)モニタープラザで、「だっこ米」なるものを知りました。
出生体重を1gまでこだわって再現、米袋には、名前や
「このお米とおなじ重さで生まれました だっこしてね!」
という文字が入るそうです♪ これは、内祝いにGood!
いただく方も、生まれた赤ちゃんを想いながらお米を
「だっこ」できるし、そして食べられるのもうれしいし…笑。

というわけで、今日は、「だっこ米」と、それにちなんで、
だっこの絵本を集めてみました。



だっこのおにぎり (ヒデ子さんのうたあそびえほん)
子どもをおにぎりにみたてて遊ぶのですが、
こういうの、子どもはきゃっきゃ言って喜びますよね!

ぎゅっ

だっこのえほん

ぷくちゃんのたくさんだっこ (ぷくちゃんえほん)

ぎゅっ だっこのえほん  ぷくちゃんのたくさんだっこ (ぷくちゃんえほん)

個別の紹介記事が追いつかなくてごめんなさい。
でも、どれも、読むだけでなく、読み終わってから、ぎゅっしたり、
読んでる最中も「だっこ」を味わったりできる絵本たち。

それにしても、「だっこの絵本」って、
表紙並べるだけで、幸せ感が満ちてきますね。

さて~モニターに当選したら、誰の出生体重で、「だっこ米」作ろうかな?
長男は3205g、次男は3010g。
どっちで作るかで、もめるかな?それとも、もう一人産もうか?…笑。
 

幸せの重みをあなたも体験!あなたのお子様の出生体重で「だっこ米」をお作りします ←参加中

関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 07:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わ♪私も参加していみようかなあ。
我が子は二人とも小さめだったのでたくさんもらえないだろうけど・・・なんだか楽しそうな企画ですね!!

| まつんこ | 2009/11/06 21:47 | URL |

なずなさんのお子さんたちは、3000g超えだったんですね。
うちはどちらも2700g台だったのでお米がそんなにもらえない...残念(目的を完璧に脱してますね)
もしも今出生体重に近い赤ちゃんを抱っこしたらとてつもなく軽く感じるんでしょうね。

| あかなめ | 2009/11/06 22:37 | URL | ≫ EDIT

まつんこさんへ

ユニークで印象に残る内祝…
こういうのあまり見ないですよね。
だっこの重みを、お米でもう一度感じてみたいです。

| なずな | 2009/11/07 20:58 | URL |

あかなめさんへ

たくさん貰えるためには、私、3500g越えで産まれたそうなので、
私の出生体重じゃ、ダメかな?
(→ダメ!子どもの、だそうです。)
となると、やっぱり少しでも重い長男ので作るとしようか。
って、まだ当たってないうちから考えています。

| なずな | 2009/11/07 21:03 | URL |

出産して内祝いを選んでいて思ったのですが、本当に今は色々なものがありますね!!
次男が生まれた時、『新生児ってこんなに重たかったっけ??』なんて思ったのですが、まさに幸せの重みだったんだろうなぁ~って改めて思いました☆
自分用に欲しいけど、もったいなくて食べられない気がします(笑)

| ☆だ~な | 2009/11/07 23:47 | URL | ≫ EDIT

☆だ~なさんへ

そうですね、いろんな内祝いがありますね!
これ、貰ったら、もったいなくて食べられなさそう…
ま、そう言いつつも食べるでしょうが…笑。
稲穂の実りと、子どもの成長の二つの意味を持たせてるのも
いいな、と思いました。

| なずな | 2009/11/08 19:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/844-f1b46306

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。