「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『つみきのえほん』と、「リグノ」のこと。

あかくんとまっかちゃん (つみきのえほん)ある時は、“あかくん”と“まっかちゃん”に。
またある時は、ジャングルジム(←画像)に。…
リグノという積み木で、いろんな形に作られた構成物。
それに、長谷川摂子さんのことば、という息吹が吹き
かけられることで、見事に「おはなし」となっています。
【絵本 *2・3歳~】
長谷川摂子 文、田宮 俊和 構成
/福音館書店 (2008/04)

積み木リグノの魅力についても触れます。



あかくんとまっかちゃん (つみきのえほん)は、『つみきのえほん』の第二弾。
第一弾は
ぼうしころころ (つみきのえほん)です。
ぼうしころころ (つみきのえほん)

この2冊、どちらもリグノという積み木を使って構成された、写真絵本です。

まずリグノの概要から。スイスのネフ社の積み木です。
5×5×5cmの立方体。真ん中に丸い穴があり、そこに円柱の積み木が
スポッとおさまります。
色は、赤・青・黄・緑の4色。(白木バージョンもあるらしい)
シンプルでいて、美しい。

実はリグノ、勤め先の園のおもちゃ棚にもあり、常々
「きれいな積み木だなぁ~」と うっとりしておりましたが、
これを使って、こんなにも いろいろなものが作れるとは!

この絵本のページをめくりながら、目からウロコがポロポロおちました。
それにしても、ぜんぜん遊びこなせていない…反省。

絵本の中で積み木が、いきいきとした表情をみせるのは、
長谷川摂子さんのことばによるところも、大きいです!

この絵本の後ろには、「読んであげるなら 4歳から」とありました。
でも、文も短いし、シンプルなおはなしなので、
2~3歳の子にもいいと思います。

そして、できたら、この絵本の世界を「絵にかいた餅」にせず(!)
積み木をいろんなものに見立てて、子どもと遊んでほしいと思います。

「遊び見せ」といって、大人がやってみせることによって
遊びの世界は、子どもの中でぐっと広がります。

お手持ちの積み木でかまいませんが、できれば積み木は
リグノのように、「基尺」がしっかりしたものがいいですよ。

ああ、憧れのリグノ、(しっかり作られているだけに、お高いのです…)
この絵本のように たっぷり遊んでみたい!
これだけ豊かに「みたて遊び」ができたなら、この値のはる積み木も
元がとれるというものです。。。。

★(木箱プレゼント付)ネフ社naef リグノ ★

ちなみに、わたし、ネフ社の積み木を買いたいと思い、一時期
積み立て貯金をしていたこと、あります…結局別の積み木にしちゃったケド(笑)。

関連記事

| 絵本グッズ・おもちゃ 紹介 | 07:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

積み木・・・だんだん懐かしく表くるおもちゃです。。。
ついこの前までは積み木を並べて遊んでいたのにね・・・最近はレベルアップしちゃって・・・先ほどもかるたで遊んでいました。。。
遊ぶものも成長していきますね。。。

| まつんこ | 2009/11/20 22:24 | URL |

えぇ!っとびっくりしてしまいました。
リグノを使ったつみきの絵本があるなんて、
その言葉が長谷川摂子さんだなんて、
探してみます。うれしいな。

我が家には、実はリグノとスピールがあるのですよ。
上の子が小さかったとき、義父もまだ経済力があったし、
プレゼントしたくてたまらないようで、
だったら、ずっと使えてしっかりしたものを・・・と、
2年にわたってリクエストしたものです。ふふふ
でも、宝は埋もれた状態です。これで目から鱗落としたい・・・

アングーラやキュービックスはオットが
試行錯誤で似たものを作っていたけれど、
似て非なるものができあがって、今にいたるまで不評です。(苦笑)

| 琴子 | 2009/11/20 22:29 | URL | ≫ EDIT

まつんこ さんへ

かるた遊びにハマってるんですね。
ウチも、今次男が興味持っていて、
で、勝たないと機嫌が悪いです…笑。
近々記事にしようと思ってマス。

| なずな | 2009/11/21 19:49 | URL |

琴子さんへ

私も偶然本屋で見かけて知ったんですヨ。で、もしや、と思って、
後ろをみたら、おもちゃ作家相沢康夫の解説付きでした。
おうちに、リグノとネフスピール?まあ素晴らしい。
組み合わせても遊べますね。この絵本、刺激になるかも。
わたし的には「似て非なるアングーラやキュービックス」を見てみたい!

| なずな | 2009/11/21 19:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/860-1555450c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。