「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

240* おこちゃん

おこちゃん「おこちゃん」とは、作者 山本容子さんの、こどもの頃の
呼び名です。
絵草子と漫画に憧れての創作童話です。でも、実話です。
ずばり、開くと元気をもらえる絵本です。それは、…
「おこちゃん」のエネルギー、ひなたの匂い、賑やかな家族
の声…いろんなものが感じられるから、かも。
【絵本 *4・5歳~】

山本容子 作/ 小学館 (1996/02)



おこちゃん

歌うように描いた、と 作者山本容子さんがおっしゃられるだけあって、
手書き文字と絵が紙面いっぱいに広がって、まるで踊っているかのよう。

それにしてもパワフルな「おこちゃん」。

ライン
おこちゃん、おこちゃん、 ありのぎょうれつが すきなのね、

そうよ、ばあちゃんも すきなのよ。

おこちゃん、おこちゃん、どうして おさとうを まいてるの。

だって、ありさんは おさとうが すきだからよ。

だから、おだいどころまでのみちを おしえてあげているの。

それを みつけた ばあちゃんは 

かえったのよ。

  ライン2
この他にも、おこちゃんは、おふろが気持ち良すぎて つい うんちしちゃったり、
若乃花と力道山に憧れて、上半身裸にタイツ、その上にふんどし巻いたり。

「天真爛漫」という言葉が、余りあるばかりのエピソードの数々と、
そのたびに、びっくりひっくりかえる家族達!

と、ここで、長男が「かえってばっかりかよ~」
と言いました。(ウチなら、怒られてるぜっ。って言いたげな感じアリ!)

そう、「おこちゃん」のお父さんも、お母さんも、じいちゃんも、ばあちゃんも
最初から最後までかえるだけで、
咎めたり怒ったり、しないのです。

綺麗な水色のワンピースを身にまといながら、いつもパンツまるみえ。
いわゆる「かわいらしい、品の良い女の子」が描かれた絵本ではありません。

この絵本には、子どもが自ら手を伸ばすような、取っつきやすい「甘さ」はないです。
(ついでに言うと、形だけの可愛さを求める大人にも、ウケがよくないかも)

でも、だからこそ、子どもに読んでやってほしいな。

この絵本が子どもの持つパワーに溢れている点からも、
おこちゃんが、家族からしっかりたっぷり愛されている点からも。

そんなことを、思いました。

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 07:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おこちゃん、可愛い呼び名ですね。。。
小さい頃って何やってもかわいいな~とつくづく感じます。
子育ては貴重な体験ですね。

| まつんこ | 2009/12/21 17:11 | URL |

この絵本、すごく気になります。
実話となれば、なおさら・・・読んでみたいかも。
うちもびっくりひっくりかえれるくらい、広い心を持ちたいものです^^

| elmer | 2009/12/21 19:43 | URL | ≫ EDIT

まつんこさんへ

次男はこの絵本の表紙見た時から、
おこちゃんがなにかしでかしそう~と言っていました^^
ちょっと渋めですが、すみずみまで絵が楽しいです。

| なずな | 2009/12/22 20:36 | URL |

elmerさんへ

山本容子さんが、自分の子ども時代を慈しむように作られた絵本です。
だから、ただ単に楽しい、というのともちょっと違って
心の内側にふんわり入ってくる感じ…です。
あ、裏表紙、お見逃しなく♪

| なずな | 2009/12/22 20:40 | URL |

私これ大好きですよ!!
ちょっと絵本らしくない絵本だけど、なんか好きだったんです。
大人の絵本の会で私のお気に入り絵本として持って行ってみんなに紹介したことあります。
・・言ったことは忘れてしまったけど・・(^^;
山本容子さん銅版画家さんで、吉本ばななの「TSUGUMI」の装丁もされてて、この絵本も字と絵のバランスとかお洒落ですよね~。
おこちゃんもパワフルでかわいい!

| るるる☆ | 2009/12/24 15:04 | URL |

るるる☆さんへ

山本容子さん、といえば、かつてのCM
(きれいな50代が増えると‥)を真っ先に思い出す私です。
吉本ばななの「TSUGUMI」の装丁もされていたとは、知りませんでした!
でも教えていただいて、確かに色合いや線の細やかさ、しなやかさ‥
おこちゃんに通ずるな、と 納得です。

| なずな | 2009/12/25 22:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/862-d12beb3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。