「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

239* げんきなマドレーヌ

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)たっぷりとした版いっぱい に広がるパリの風景にうっとり
させてくれたかと思うと、別のページでは、ズームアップ。
はしりに はしって、かけつけて」のところは、見開きに
ひたすらミス・クラベルの駆ける後ろ姿のみ…。
そんな、この絵本の持つ おおらかさが好き。
この絵本を初めとする「マドレーヌ」シリーズを、
ご紹介します♪【絵本 *4・5歳~】

ルドウィッヒ・ベーメルマンス作・画
/
福音館書店 (1972/11)



先々週からずっと、「マドレーヌ」シリーズにどっぷり漬かっていた我が家。
そもそものきっかけは、こちらの洋書
Mad about Madeline: The Complete Talesを手に入れまして…。
「げんきなマドレーヌ」と下記の5つのお話が一冊に収まっているのです。
Mad about Madeline: The Complete Tales

マドレーヌといたずらっこ (世界傑作絵本シリーズ)
マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
マドレーヌとジプシー (世界傑作絵本シリーズ)
マドレーヌといたずらっこ (世界傑作絵本シリーズ) マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) マドレーヌとジプシー (世界傑作絵本シリーズ)

ロンドンのマドレーヌ
マドレーヌのクリスマス
ロンドンのマドレーヌ マドレーヌのクリスマス

原文と見比べて気がついたこと、それは、翻訳者泣かせの絵本だな~ということ。
韻を踏んだアソビがそこかしこにあるのです。

たとえば、「げんきなマドレーヌ」のこのシーン。

そのまよなかに、
でんきをつけて、ミス・クラベル、
「ようすが どうも へんですね」

は、こう。

In the middle of the night
Miss Clavel turned on the light
and said,"Something is not right!"

シリーズを通して、どうしてこういう風につながるの?という展開が
ところどころあるのですが、たぶん韻を踏んでいて、
ことばとしては繋がっているんですよね…。発見でした。

毎回様々な騒動が起きますが、最初は「つたのからんだおやしき」から始まり、
最後はたいてい、12人の子どもたちの「おやすみ」で終わる、というのも
安心感をもたらします。

最後に、このシリーズを通して、次男が一番「食いついた」シーンをご紹介。

それは、マドレーヌのクリスマスの、ミス・クラベルが病で寝込むシーンです(笑)。

規律を重んじ(←仕事柄)、でも、いざ、というときには、
「はしりに はしって、かけつけて」くれる、ミス・クラベル。
そのミス・クラベルが熱を出して寝ている様子と、
みんなの世話を焼いてマドレーヌが嬉々として働く様子。

これらのシーンをなんだか嬉しそうに見ている次男、
もしかすると、チャンスがあれば、ぼくも!と思ったのかもしれません。

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 07:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この絵本、気になっていながら長年読めていない絵本です(/_\;)
紹介を読ませていただいて、長男と読みたくなりました!!
シリーズっていうところも、楽しめそうです♪


話は変わって。。。
今朝、長男が発熱してしまいました
昨日は元気だったのに(T_T)
まさかまさかの2ヵ月連続のアウトです。。。
楽しみにしていただけにかなり凹みますが、インフルエンザでないことを祈って看病します☆
来月は行けるといいなぁ。。。(>_<)
みなさまのレポを楽しみにしています!

| ☆だ~な | 2009/12/14 08:20 | URL | ≫ EDIT

☆だ~な さんへ

女の子だったらマドレーヌ好きになりそうだけど
男の子だとどうかな?などと、ちょっと心配だったんです。
でも、喜んでましたよ。子どもたちが12人、ミス・クラベルのもとで
暮らしている、というのが、小さい子にはわかりにくいかも、ですが。
ウチの子は、合宿みたいなもの?と思っているようです。
「☆だ~なさん、欠席になっちゃたの。」と
三蔵さんも、おっしゃってました。残念。。。
レポ、簡単になるかも、ですが、待っててね。

| なずな | 2009/12/14 20:52 | URL |

マドレーヌ、シリーズ懐かしいです。
娘が好きでしたねぇ~♪

訳には、ちょっぴり、堅苦しさを感じていましたが、確かに訳者泣かせだわ!!!と、納得しました。

ミス・クラベル、好きなキャラでした。

| ナン | 2009/12/14 21:08 | URL |

マドレーヌちゃんの本、小さいころ私も読んでいました。そして最近はよく息子たちが借りてきます。
どこかちょっとさみしい絵だなあと思いながら読んでいます。
独特な絵って、心に焼きつきますね・・・

| まつんこ | 2009/12/14 23:08 | URL |

ナンさんへ

娘さんがお好きでしたか!
わたしはルドウィッヒ・ベーメルマンスののびやかな絵がすきです。
でも、マドレーヌで好きになったのではなくて、
「特急キト号」が大好きになって、他の作品にも手を伸ばす、
という、ちょっと変わった経緯を辿っています。

| なずな | 2009/12/15 21:30 | URL |

まつんこ さんへ

まつんこさん、子どもの頃読んでいたの?
いいなあ。
ウチの次男が、ミス・クラベルが走りに走っているところの絵、
わ~もっと他にも描けばいいのに、という迷言をはきました!

| なずな | 2009/12/15 21:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/899-e5f6f19a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。