「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サンタクロースとぎんのくま 【本の紹介*40 】

サンタクロースとぎんのくま (世界傑作絵本シリーズ)マルチがサンタクロースからもらったぎんのくまを、妹の
モニカも欲しがって、けんかになってしまいます。
困ったマルチは、ゆきだるまのまちに住むサンタクロースに
会いに出かけます。
『ラチとらいおん』の作者マレーク・ベロニカの絵本。色が
鮮やかで、かわいい絵本です。
【絵本 *4・5歳~】

マレーク・ベロニカ 作、みやこうせい 訳
/福音館書店 (2007/10)


この絵本のサンタクロースがユニークだと思うのは、クランプスという
子鬼をお供に連れていることです。(伝承、なのかしら?)
なにか悪さをするのかと思いながら読み進めましたが、
性格のいい子鬼さんでした!

さらに、サンタクロースに会いに出かける途中で、マルチはおおかみにも
出会います。ちょっとドキッとすることもありますが、最後には
このおおかみもマルチを手助けしてくれます。

そう、この絵本には悪役がいません。
クリスマスは、「愛」「夢」「希望」…そういう美しいもので
子どもたちを包んであげたい、という作者の思いでもあるように
感じました。

サンタクロースとぎんのくま (世界傑作絵本シリーズ) / マレーク・ベロニカ

68 ちょっと寄り道~68

マレーク・ベロニカ。『ラチとらいおん』の人だよ。」と言うと、
「あれ、それって、ブルンミの人でしょ?」と長男。正解!
少し前に読んだブルンミのたんじょうび / マレーク ベロニカ
のことを覚えていたのでした。
そういえば、ブルンミとぎんのくま、似てますネ。
ブルンミのたんじょうび ラチとらいおん
ラチとらいおん / マレーク・ベロニカ、とくなが やすもと 他
は、我が家の定番絵本です。今後また記事として登場することと思います。

68 我が家では…68

次男が保育園からもらって帰ってきた絵本のチラシで見つけて、
昨日本屋で、立ち読みしました。
絵がとにかくかわいくて、特にサンタクロースのまちの絵でノックアウト!
即、購入しました~。 

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/92-5ff60d26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。