「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとだけ 【本の紹介*42 】

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

赤ちゃんが生まれておねえちゃんになった、なっちゃん。
おかいものにいくとき、ママとてをつなごうとするけれど、
ママは赤ちゃんを抱っこしているので、つなげません。
そこで、ちょっとだけ…。
この絵本、たくさんのママたちのリクエストを
受けて 先頃復刊したそうですよ!
【絵本 *2・3歳~】

瀧村 有子 作、鈴木永子 絵 /福音館書店 (2007/11)



ママが赤ちゃんを抱っこしていて、手をつなげない時、
なっちゃんはママの スカートを“ちょっとだけ”つかんで歩くんです。
そしてこの絵本には、なっちゃんの生活の中のいろいろなシーンでの
ちょっとだけが描かれています。 

… 牛乳をついでもらいたい…
… パジャマのボタンをとめてもらいたい…
…髪の毛をむすんでほしい…
赤ちゃんのお世話に忙しいママに伝えられず、自分でやってみるなっちゃん
 ママのようにはうまく出来ないけど、ちょっとだけ成功し、
その顔は、
ちょっとだけ誇らしげにも見えます。

赤ちゃんを迎えて、お母さんの気持ちを自分に向けてもらえなくなって
寂しい気持ちを「赤ちゃん返り」で表す子もいます。
でも、なっちゃんの場合は、一生懸命「おねえちゃん」になろうとするんです。

お友達のママに出会ったとき
おねえちゃんになったんだー。あかちゃんってかわいいでしょう?
と聞かれて、ちょっとだけ うなずくなっちゃん。
(こういうこと、言いがちだけど、赤ちゃんが生まれて
複雑な思いでいる子にはツライですよね。)
ラストに、ちょっとだけ”だっこしてというなっちゃんに、お母さんはこう言います。

「“ちょっとだけ” じゃなくて
いっぱい だっこしたいんですけど
いいですか?」


よかったね、なっちゃん!
こんな絵本を読むと、真面目に育児しているお母さん(一応、私もそのひとり)は
「ウチの○○ちゃんにも、こんな思いさせてる(させてたな)…」 と
つい「反省」してしまいますよね 。
でもこの絵本を通じて「気づけてよかった」と思い直して、
なっちゃんのおかあさんの、このセリフと“いっぱいだっこ”使わせてもらいましょう!

話はそれますが、赤ちゃんを迎えて、ちょっとだけ なのは
上の子ども、だけじゃないですよね。
そう、お母さんだって、ちょっとだけの日々です
ちょっとだけ寝たらまた授乳に起きて。…
… 子どもを湯ざめさせないように気をつかい、自分は
ちょっとだけ温まってお風呂終了…。
…夫に「なるべくはやく帰ってきてよ」と言われて
久しぶりの一人での外出もちょっとだけ。 …

かつての自分と、今その真っ只中の方に、ご苦労様!と言いたいです。
ちょっとだけしか元気づけられないかもしれないけど、
精一杯のエールを送ります。

ちょっとだけ (こどものとも絵本) / 瀧村 有子 にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 07:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いっぱいだっこ

胸がきゅんとなるお話で、大好きです。
こどものとも12月号が、鈴木永子さん作・絵ですね。
こどもをふっくら描く方で、」画風は違うかもしれませんが
林明子さんを思い出しました。

「ちょっとだけ」が福音館書店の
年中向けこどものともバックナンバー一覧に載っているので、
だめもとで聞いてみましたが、やはり売り切れ(^^;)
それぐらい人気のあるものでないと、
ハードカバー化されないんでしょうねぇ。。。

| ブチョロビッチョロ | 2007/11/22 09:16 | URL | ≫ EDIT

絵本ナビで、立ち読みして気になっていたところ、なずなさんの紹介を見て、やっぱり読みたくなりましたー。きょうだいの子育てママなら、一度は経験する、胸キュンなお話ですね。ハードカバー化万歳♪ブチョロビッチョロさんもよかったですね♪

| KABA   | 2007/11/22 15:31 | URL |

「ちょっとだけ」いいお話ですよねる絵本ナビランキングでベスト10に入っていて、気になって、「こどものとも」の
バックナンバーを借りたことがあります。
最近、書店でハードカバーになったことを知りました。私も上の子だったので、主人公の女の子のいじらしい気持ちがよくわかりました。
これを読むと、子どもを抱っこしたあげたくなります。
そして、なずなさんのおっしゃるように、「ちよっとだけ」と我慢しているのもお母さんである私たち自身かもしれませんね。

| はなびや | 2007/11/22 18:16 | URL |

ブチョロビッチョロさんへ

私も林明子さんを思い出しましたヨ。
ブチョロビッチョロさんに教えていただいた「こどものとも12月号」、早速本屋で見てみました!(『はやくかえってこないかな』)読んだ後心がほんわかする、素敵な絵本を描かれる方ですね。
そうそう、わたし、復刊と書いていますが、ハードカバー化と書いた方が正しいですよね。しつれいしましたぁ、ペコッ。

| なずな | 2007/11/23 16:37 | URL |

KABAさんへ

そう、話題のアノ本です。
ウチは5歳離れて下が生まれたので、激しい赤ちゃん返りではなかったですが、その分なっちゃんのように、思いを飲み込んでしまうこともあったかと思います。
ハードカバー化されたことで、これからも多くの方が手にすることができるようになって、ほんとうにヨカッタ!

| なずな | 2007/11/23 16:47 | URL |

はなびやさんへ

ほんとうに、これを読むと、子どもをギュッと抱っこしてあげたくなりますよね~。うん。
絵本ナビのみんなの声を出版社の方が見ていてハードカバー化が決定したのだとか。私も最近絵本ナビにレビュー送っていますが、いい絵本でハードカバー化されていないものもいろいろあるので、レビュー送ることで(微力ながら)応援しようかと思いました。。。

| なずな | 2007/11/23 16:58 | URL |

わあ、私も読んでみたくなりました。来月妹が産まれる予定のなっちゃんという女の子が友達にいるので、プレゼントしてみたいと思います。

| sato | 2007/11/28 12:03 | URL |

satoさんへ

来月ご出産の方へのプレゼント、しかも「おねえちゃん」になるのが、なっちゃんというお名前なの?(すごーい!)まさに、なっちゃんのための絵本ですね。
そのなっちゃんも「いっぱいだっこ」してもらえるといいですネ。

| なずな | 2007/11/28 23:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/94-fd999cbc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。