「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はこ は はこ?【本の紹介*44 】

はこははこ?大人にはただのはこ。でも、子どもにとっては、
これ、はこじゃないよ
ある時は車に、ある時は山に、ある時はロボットに。
子どもが見えているイメージの世界が
赤い線で書き加えられています。
シンプルで、独創的!装丁も素敵な絵本。
【絵本 *2・3歳~】
 

アントワネット・ポーティス 作、中川ひろたか 訳
/ 光村教育図書 (2007/11)


原書の題は、『NOT A BOX』、これを『はこ は はこ?』と
訳した中川ひろたかさんに、拍手。
表紙のタイトルになった時に、言葉遊びみたい、ですよね。
レイアウトも原書を踏襲してるけど、日本語版の方が、茶目っ気UP!してます。
 


Not a Box はこははこ?

この絵本、表紙がダンボールを思わせる色と手触りで一風変わっているので
書店で平積みされてたら、間違いなくめだちそう。(オネガイ、平積みして。。。)

子どもにとっては箱じゃない、こんなシーンは子どもと暮らしていると
しょっちゅう遭遇します。
私も仕事柄、このうさぎくんが見えている世界を見ようと心がけていますが、
子どもって心がけなくてもナチュラルに
こういう世界なんですよね。
この絵本を読んで改めて、子どもって、ステキ!と思いました。

はこははこ? / アントワネット・ポーティス

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   


関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/96-0aacad03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。