「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

251* ねこのなまえ

ねこのなまえ“さち”は、公園で ノラネコから名前をつけてほしいと
頼まれます。そして、ネコとのやりとりの中で、
なまえには ねがいが こもっているんだ と気付いて…。
果たして、“さち”が ネコにつけた名前は?
作者は、いとうひろしさん。ユーモラスで、柔らかなタッチ
ながら、「大切なもの」に しっかり立ち戻らせてくれる、
そんな本です。【児童書 *小学校低学年~】

いとうひろし 作/徳間書店 (2006/05) 



この本の紹介の前に、まずは、我が家のエピソードから。
先日長男が、こんな話をしてくれました。

K公園のところにネコがいてね、ぼくに「ニャンゴロ~ ニャンゴロ~」って
甘えてきたんだ。ぼくが、「君の名前は、にゃんごろう…かな?」
っていうと、「ニャンゴロ~」って、返事したんだ。

他の子はいざ知らず、長男は動物が苦手で、
いつもは子犬子猫でも びびっていたので、意外だなぁ思いながら聞きました。
よっぽど、かわいくて人なつっこかったのでしょう~。
それを話す長男の声まで かわいかったです…笑。

そんな時 図書館で、たまたま この本と出会いました。

さて、この本、ねこのなまえ。さちは、ネコに ある名前を命名します。
その名前というのが、結構ユニーク。こういう発想、私にはないなぁ。
でも、願いがこもっていて、すごくいい名前だと思いました。
ネコも気に入ったようです。

その名前は伏せておきましたので、是非ご一読を。
読後感も とてもいい本ですよ。

ところで…さち には、気になることがあって、ネコに聞きます。それは、
のらねこなので だれにも その名前で 読んでもらえないんじゃないか ということ。

するとそのネコは、こう答えます。

ライン
いいんですよ。ぼくが しっているってことが

たいせつなんです。もしも だれかが ぼくを ノラとか

ネコとか よんだりしたら、ぼくのなまえは***だぞって

いいかえせるでしょ。こんなうれしいことは ありませんよ

 ライン2
ココが、私、すごく好き。
名前に込められた願いや想い。それは
、つらい時 こころの支えにもなる、
そんなメッセージにも聞こえました。

歌にも ありましたよね。
♪ 名前 それは燃える生命 ひとつの地球に ひとりずつひとつ
Every child has a beautiful name
A beautiful name,a beautiful name
呼びかけよう名前を すばらしい名前を
  ♪

ゴダイゴの「ビューティフル・ネーム」です。
「ねこのなまえ」を読んでいたら、この歌が聞きたくなりました!

わが身を振り返ると…小言や怒り口調で呼びかけることが多かったな、
と、ちと反省…。
息子たちを名前を呼びかける声が、ちょっとやわらかくなった私です(笑)。

関連記事

| 児童書/小学校低学年 ~ | 06:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昨日、長男の参観があって、生徒が一人ずつ前にでて、自分の名前の由来を発表したんです。
みんなのを聞いて、あ~なるほど~いい名前だね~なんてひとり感動して帰ってきました。

この絵本、長男と読んでみたいです^^
それにゴダイゴ、懐かしいですねぇ~、これ大好きな曲でした♪

| elmer | 2010/02/19 15:03 | URL | ≫ EDIT

elmerさんへ

わあ、elmerさんところの授業参観にちょうどマッチしましたね。
名前の由来や赤ちゃんだった頃のことを聞いてまとめる、
うちの長男も「2分の1成人式」でやりました。
この本、さりげなくて、さわやかで。さすが、いとうひろしさん!
読んでみて下さいね~

| なずな | 2010/02/19 16:19 | URL |

春にぴったりな絵本ですよね。
名前を呼んでもらうところ、わたしも大好きで、
kohaと読むと、*** 「はい」*** 「はい」と
しばらくかけ合いが続く、お楽しみつきです・笑
名前って、確かに呼ばれるから親しみがわくし
うれしいのですよね。

| 琴子 | 2010/02/20 00:07 | URL | ≫ EDIT

琴子さんへ

さすが、琴子さん、ご存じでしたか!
いとうひろしさんの本は、他にもよく読んでいますが、
この本は知らなかったです。
きっと、公園で長男が出会った「にゃんごろう」君が、
テレパシー送ってこの本に引き合わせてくれたのでしょう?!
かけ合い、かわいいですね♪

| なずな | 2010/02/21 07:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/976-5dc44f6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。