「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界

診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界 (新潮文庫)精神科の医者である著者は、精神に不調をきたした患者に、
「物語」を処方します。ねむりひめ、赤ずきん、うらしまたろう、
三びきのこぶた…など、12編の昔話や童話の主人公を例に
ひくのです。患者はその物語に自分を映して、気づいていくと
いいます。…
昔話や童話の世界を、別の角度からながめてみることが
できる、そんな本です。

大平健 /新潮社 (2004/08)  



診療室にきた赤ずきん―物語療法の世界 (新潮文庫)

この本のことは、昔話をたくさん紹介されている、ナンさんの記事を読んで
(記事は
コチラ)知りました。

12編の物語とともに、12人の症例が紹介されています。
ある症例は、次のようなものです。

小学校から私立で、系列の中学校・高校…とすすんできた女子高生が、
学校に行こうとすると腹痛をうったえるようになった。このままでは留年してしまう。

母娘から話を聞いたところによると、
娘は、成績が落ちたらどうしよう、という不安と常に向き合っていたこと、
母は、やっと授かった娘には、できるだけのことをしてあげたいという思いで、
中学校教師という職をやめ、娘の勉強をみていた、とのこと。

この親子に著者は「ねむりひめ」の話をするとともに、
休学のための診断書を書きます。

「ねむりひめ」のあらすじを少し紹介すると…
王とお妃の間に待望の姫が生まれます。祝いのパーティーの席で
招かれた12人の占い女たちは、良い心、美しさ、金持ちなどを
人の欲しがることを次々贈ります。
しかし、招かれなかった13番目の占い師が、
「15歳になったら、つむにさされて死ぬぞ」という呪いのことばをかけます。

ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)

…この患者さんのご両親も、待ち望んだ我が子に出来る限りのことを
してやりたい、という思いは、「ねむりひめ」の王と妃のようです。

精神科医である著者は、こう書いています。

もしこの呪いがなかったら、姫は王の期待したとおりの人生を
歩むしかなかったでしょう。

親のできることには限りがあります。子どもが自分の人生を歩み出すのは、
この「限り」の地点からなのです。

「ねむりひめ」を、このように、子どもの自立という観点で
読んでみることもできる、というのが興味深かったです。
これから、子どもが思春期に向かっていくこともあり、読み返してみたくなりました。

12編の話の中には、もう少し詳しい説明が欲しいな、というものもありましたが、
新しい視点を得るという意味で有用な本だと思いました。

関連記事

| よりみちカフェ | 07:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なずなさん、こんばんは~☆
ご紹介ありがとうございました。
この本を読んだだけでは、こんなに上手くいくわけないと思う部分もありますが、昔話の魅力に魅せられている人には、興味深い本ですよね。
この本は、それまで昔話に興味があったわけではないけれど、精神的に辛い想いを抱えていた知人が何かに紹介されていた事で読んだそうで、私も関心がありそうな本だからと紹介してくれました。
こんな風に昔話を役立てている方がいることに驚きました。
話題になった「本当は怖いグリム童話」には、唖然とし、がっかりというより、呆れてしまいましたが、この本は時たま読み返したくなる本です。
昔話の力を信じている私としては…。

| ナン | 2010/03/08 21:27 | URL |

今日は会社の社長からいっぱい絵本をもらったんですよぉ。
早速片っ端から読んでましたが、
有難味がないから、一個ずつ小出しにすればよかった。。。
絵本ってこうやって世代交代もできるからいいですね。。。私も我が子が大きくなったら次の世代に・・・と思いました!

| まつんこ | 2010/03/08 23:06 | URL |

ナンさんへ

ナンさんのところで拝見してからすぐ探して…
読みだしたら一気に~でした。
私自身、昔話や絵本で、以前読んだ時には響かなかったことばが
ある時には、胸にせまってくるような経験をしました。
この本は、おはなしを心を映し出す「鏡」にみたてていて、
その点がとても興味深かったです。
これからも、たくさん昔話を読んでいきたい、そんな気持ちになりました!

| なずな | 2010/03/09 19:24 | URL |

まつんこさんへ

わぁ、絵本のプレゼント?よかったですね!
確かに小出しした方がありがたみはあったかもですけど…笑。
手元にあると、その日の気分で選べたり、
リクエストにも存分に応えることができますよね。
そうやって、いろんな人の元で読まれていく絵本、いいなぁ!

| なずな | 2010/03/09 19:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/995-e6eaa097

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。